読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自来也忍法帖

*いしのなかにいる*

シャイニングフォースネオ プレイ日記その2

f:id:Ziraiya:20140820153034j:plain

いくつかのフィールドの上の敵を蹴散らしながら、ラーカイル砦に到着。
ここのグラハム師匠に、議長からの手紙を渡したあと更に進んでフェルドランドに行かねばならない。

f:id:Ziraiya:20140820201344j:plain

ハックアンドスラッシュの要素として、敵そのものからはお金とステータスアップなどのために必要なエナジーが手に入り
敵モンスターがある程度湧いてくる、モンスタゲートからアイテムなどがでる。
ここでのアイテムの質がランダムで変わるので、ハクスラ要素として楽しくなる。

砦に到着すると、モンスターたちが砦を攻撃しているのでこれを倒す。
砦前のモンスターゲートを破壊すると、門扉が開いて中には入れるようになる。

敵が砦の中にも侵入しているので、それを倒しながらグラハム師匠と合流。
レベッカ議長からの手紙を師匠に渡すと、その手紙に砦の守備の任務から主人公と合流して旅に出るように記されていた。
これにより、パーティメンバーにグラハムが加入。
目指すはさらに西のシニストリバレー。

シニストリバレーへと向かう洞窟はひたすら敵が出てくるだけだが、多少強くなっていて歯ごたえがある。
道中にグラハム師匠から、かつて月の眷属たちと争った時のことを語られる。
敵の本拠地のダークキャッスルは聖地の大結晶の力で封じられているが、それが破られればまた姿を現すだろうと。

f:id:Ziraiya:20140823212307j:plain

中継地点の橋でイベントバトル。
逃げられない強制戦闘。
その後のイベント会話で、主人公はなんらかの理由で幼いころのことは覚えていない模様。


長いシニストリバレーの洞窟を抜けて新たな国へというところで、会話イベント。
グラハムにはフォースになっている娘がいるとのこと。